■ 登山日   平成21年3月7日(土)                                               2006.12.23参照
■ コース     東はりま日時計の丘駐車場8:25 → 登山口8:59 → 尾根道との合流点9:13 → 三角点山頂上9:4010:10 → 南福谷ルートと愛宕ルートとの合流点10:12 → 御霊神社へのルートと南福谷ルートとの分岐10:26 → 好展望の岩場10:38 → 青年の家・御霊神社との分岐点10:54 → 御霊神社11:06 → 稲荷神社11:17 → 南福谷コースとの合流点11:37 → 福谷公園鳥居前11:48 → 東はりま日時計の丘公園12:23
■ 地形図名    2万5千分の1   谷川(京都及び大阪)  Route map
■ 登山口   西脇市黒田庄町門柳  東はりま日時計の丘公園 Road map  

三角点山(457m)

From 東はりま日時計の丘公園  To  御霊神社

三角点山山頂
分岐点 御霊神社
南福谷ルート登山口 福谷公園鳥居
池のほとりにある標識 尾根道との合流地点
  南福谷ルートと愛宕ルートとの分岐点   御霊神社へのルートと南福谷ルートとの分岐
稲荷神社 南福谷コースへ合流
東はりま日時計の丘公園 登山口

福地子供会作製の標識

南福谷ルート案内板

     P339を南側へ過ぎた岩場からの南側への好展望
山頂から北側への展望
8:37 三角点山登山口のある東はりま日時計の丘公園は、地域固有の資源である「子午線=時」をテーマとし、四季折々の自然に親しみながら、野外での生活を通した家族のふれあいの中で、勤労者をはじめ広く県民の文化、スポーツ、レクリエーション活動を促進するために整備されている。日本オートキャンプ協会認定の5ツ星キャンプ場として全国的に名高い。この施設の駐車場を利用する。
8:59 登山口は、オートキャンプ場敷地東南に位置し、木柵門で閉鎖されている状態である。この登山口が判らず職員の方に案内していただいた。左隅に「危険 私有地につき立ち入り禁止」の看板を確認するが、オートキャンプ場利用者に対するメッセ-ジであると判断し跨いで進入する。

9:04 木柵門を進入するが、進むべき方向が定まらない。辺りをうろうろする内に登山口から程ない距離にある池のほとりに位置している標識を確認する。「三角点 日時計の丘登山口 山頂まで約1500m」と明示されている。この標識さえ見落とさなければ登山口から迷うことはない。昨日の雨天のためか登山道中央付近が沢になっている。明確な道は幅広な部分が多く、雑木林の中を進んで行く。ほぼ直線状に道が延び、尾根の直下付近では急登になるが同様に直線状に進んで行く。
9:13 尾根に到達する。東へはコブ岩方面、南へは記念池方面と思われる道が延びている。但し、東方面は、見るからに不明瞭な道であると思われる。この地点より三角点山頂に向かう。雑木林の中を走る尾根道を歩くことなり、急登がかなり多くなるうえ、シダが道を覆う箇所も増える。しかし道は明るく記念池が左手に美しい湖面を覗かせる。西脇カントリーゴルフ場も涸れた色のグリーンを確認することができる。山頂付近では、岩場の多い道歩きとなる。

9:40 山頂に到着する。360度の展望が広がっているが、今日は霞が深いため遠望が良くない。
山頂標識、記帳簿が備えてある。、二等三角点・点名上比延が中央に鎮座している。山頂東側約50mの地点では、ご来光登山の名残と思われる焚き火の跡が確認できる。
今の時刻では南側の展望が逆光のため北側の展望のみ写真掲載する。

10:12 10:10に山頂から南福谷ルート経由で御霊神社に向かう。山頂から程ない場所にある分岐点である。ここから南福谷ルートに向かう。左右に展望のいい尾根道歩きである一方、所々シダで道が見え隠れするようになる。道は雑木林の中を進む。
10:26 御霊神社・青年の家方面と南福谷ルートとの分岐に到達する。どちらにも手製の標識が掲げられている。福地子供会が作製した標識が非常に印象的である。ここから御霊神社方面にも子供会手製の標識が数多くあるが、残念ながら年月の変遷を経ているためか、文字が消えてしまっている。この地点からもシダが道を覆う箇所が点在するが、判別できないというほどでもない。 

10:38 P339を過ぎた岩場からの好展望を望む。岡之山ゴルフアベニューの施設が突然目の前に現れたような錯覚を覚えてしまうぐらい間近に見える。この地点からの下山道が判りにくい。岩場周辺を歩き回り、岩場から南西方向に木の枝に青いテープが結い付けられているのを確認し、進んだところにトレースを確認する。しばらく、青いテープを見落とさないよう慎重に進む。
  

10:54 青年の家と御霊神社との分岐地点に到着する。御霊神社へは標識も掲げられてあるが文字の判別ができない。但し、白い円で囲んだ小さな標識にマジック書きで御霊神社方面が明示されている。
11:06 分岐地点を西へ下る。道は明確であるが、やや荒れ気味の道を下る。周囲は、雑木林であるが、やがて植林帯に変わる。御霊神社と池の間を通過する。

11:17  御霊神社から北側に位置する稲荷神社に向かう。民家の脇から参道をすすみ小さな鳥居をくぐり、よく踏み込まれた坂道を進む。程無く建屋の古い稲荷神社に到達する。
11:37 稲荷神社正面から右側に進み北側に延びる道を進む。途中左右への分岐点を通過するが左側に進む。シダが覆うような地点もある道を進み、登り勾配となる。最終的に南福谷ルートに合流する。

11:43 南福谷ルート登山口に到達する。この地点から福谷公園へ向かう。
11:48 福谷公園鳥居前を通過する。この後、黒田庄町集落内の車道を歩く。
12:23 東はりま日時計の丘公園に到着する。




ホームへ      戻る