2006. 12. 23 (土)

尾根途中でこんなものを見つけた。木が岩を突き破っているように見える。珍しい・・・

山頂間近くにある標識。もう一息。

山頂の様子。山頂標識、三角点、記帳できるノートが備えてある

山頂に団体の登頂プレートもある。

山頂からの南東側への展望・・・西脇カントリークラブが見える。

山頂から北東への展望・・・白山、妙見山、門柳山の姿が美しい

北側への展望・・・建設中の黒田庄ふれあいスタジアム

南側の展望・・・木々の間から八日山が顔を覗かせている。

頂周辺東側の様子。真直ぐ進めば日時計の丘公園へ向かう道が伸びている。

下山は、南福谷コースを経由し福谷公園に到着。

地図はこちらから

 コース・・・福谷公園登山口10:20 → 愛宕社10:40 → 山頂11:00 → 南福谷コース経由下山11:50     

 

西脇市の津万地区集落から三角錐の秀麗な姿を見せている風変わりな名前の三角点山。麓の福谷公園には、約100本の桜の木があり、お花見に絶好のスポットとして名高い。また、公園内にある稲荷神社の拝殿の前庭には珍しい唐子椿があり、幾重に花びらを付けたかわいい花を咲かせる。稲荷神社までたくさんの鳥居をくぐりながら参道を登り、神社左側に進むと山側に登山口の表示がある。登山口から厳しい急峻な道が続くが、尾根に辿り着けば、展望の開けた快適なコースになる。途中愛宕社があり、登山の無事を祈る。要所に案内表示があるので、見落とさないように歩けばコースは判りやすい。


福谷公園内にある稲荷神社の鳥居をくぐり抜け神社左手にある登山口に向かう。

登山道脇にある愛宕社。階段がきっちりと石で組まれている。

三角点山(457m)
ホームへ      戻る