三尾山登山口の標識

「こぶし花咲く三尾の森」の看板がお出迎え!

2006.  3.  4 (土)

 コース・・・登山口(9:50)→ 地蔵(10:05) → 尾根分岐(10:25) → 三尾山頂上(10:40)→ 中三尾山頂上(10:50)→ 前三尾山頂上(11:05)→ 登山口(11:30)


 県道69号線を東へ向かい走っていくと「こぶし花咲く三尾の森」の看板が目につく。右にハンドルを切ると三つのピークを持つ特異な山容の三尾山が目に飛び込んでくる。
 三尾山には、戦国時代山頂に黒井城の支城があった。現在は、山頂は広場になっており休憩には最適なスペースとなっている。「三尾城址」の石碑があり桜の木もある。また、4月には、こぶしの花が山一面を見事に彩るようである。


 


 

三尾山(586m)

登山口・・この周辺に4〜5台は駐車できる。

登山口からほどないところにお地蔵さんが!!

尾根に取り付きにある標識。三尾山頂へ進む。

山頂の広場の様子。真ん中に三尾城址の石碑

山頂からの展望。雲海が望めた!

何もない中三尾山。展望もない。テープにマジックで中三尾の表示があるのみ。

前三尾山からの展望。真下に舞鶴若狭自動車道が見える。絶景ポイントである。
ホームへ      戻る