地図はこちらから

( コース ) 
野外活動センター跡9:50 → 林道脇の駐車スペース10:00 → 登山口10:10 → 梯子のある岩場11:10 → 山頂11:20  往復 下山12:40 


 
兵庫県第2位の標高を誇る三室山は、兵庫県と鳥取県の境に位置しすっきりした山容で人気がある。兵庫県立三室高原野外活動センターができたのを機に登山道が整備され多くの登山者が訪れるようになった。山麓の渓流沿いは、春の花、秋の紅葉と夏のキャンプと折々の自然が楽しめる。
 

2007. 5. 3(木)  

三室山(1358m)

去年の8月に同じ駐車場に訪れている。驚いた!!野外活動センターが跡形もない。

2006年8月に訪れたときの野外活動センターの様子。この時も施設内に人の気配はなかった。すでに閉館されていたのだろう。

駐車位置は、野外活動センター奥にある数台駐車可能な林道上のスペースを利用し、スタートする。程無くこの登山口に到着。杉、ヒノキの植林帯の中に伸びる登山道を進む。

登山口脇に「山頂まで70分」と標識に表示されているが、その下にマジック書きで「100分かかる」と登山者の生の声が書き添えられている。

登山道も歩きやすく明確で迷うことはない。標識を地元の有志の方が作られているのだろうか?手作り、手書きの素朴さに温かみを感じる。

「山頂まで10分」の標識。コース上、唯一梯子で登る箇所がある。この場所を通り越せば頂上も間近である。

頂上から望む氷ノ山。なだらかな稜線が優雅である。

山頂の様子。数組の登山者が賑やかに過ごされていた。やはり人気の山。今日、登山中にも何組の方に出会っただろう。展望もよく、しばらく景色に見取れる。

ホームへ      戻る