■ 日 時  平成20年8月9日(土)
■ コース    普光寺駐車場8:25 → 登山口8:38 → 鎌倉寺8:55 → 西の覗き9:00 → 鎌倉山山頂9:05 → 高畑展望9:23 → 四等三角点9:50 → 
 河内城址10:01
 → 普光寺駐車場10:53
■ 地形図名   2万5千分の1 西脇(姫路) Root map
■ 登山口  加西市河内町 Road map  

蓬莱山普光寺参道 鎌倉山登山口へ
河内城址と宇津木谷への分岐 松枯れ地帯
鎌倉山山頂 トラロープを張った急激な下り坂
高畑展望と河内城址の分岐 高畑展望より望む河内城址
鎌倉寺 鎌倉山山頂・西の覗きへの分岐
よく踏み込まれた登山道 案内のない分岐

 蓬莱山普光寺は白雉2年(651)法道仙人の開基の寺で、播磨西国第17番霊場である。昔、法道仙人がこの山に登った時に、千手観音像を発見し、その時の声に従い千手観音菩薩を祀り、建てたのが普光寺の始まりであるという。モリアオガエル、ヒメハルゼミの生息地としても有名である。最近では、鎌倉山(452m)を中心にした普光寺背後の山稜に行者道を利用したハイキングコースが整備され、石像物をめぐりながら自然を満喫することが出来る。(2007年2月24日鎌倉山参照)
  河内城は、15世紀中頃在田氏により築城されているが、歴史的背景の詳細は、現在でも不明である。東、南方面の展望に優れ広く見渡すことができる。播磨、但馬、丹波を繋ぐ要衝の地でもあった。城址は今でも堀切や廓などの遺構を確認できる。



四等三角点    点名 小鞍掛  河内城址へ最後の分岐
河内城址 河内城址表示板
下山し河内集落へ
細谷経由公民館への急激な坂 雑草で覆われた道

8:25 加西市河内普光寺内の駐車場を利用する。参道を南下し、河内集落内の長閑な風景を眺めながら鎌倉山登山口に向かう。
8:35 鎌倉山登山口への道標があり、左折する。この先から未舗装の農道に変わる。この鎌倉山行者道ハイキングコースが北播磨わんぱく広場100選に選定されている旨の表示板も掲げられている。。

8:44 未舗装の道路を進み右側へ誘導する標識を確認し、それに従う。以降、植林帯の中に延びるよく踏み込まれた道を進む。最近、杉の木が間伐されたせいか、多くの伐採木が横たわっている。
8:47 標識のない分岐点に到達する。どちらに進んでいいか判らず、イチかバチかで左側へ進む。結果的に正解であった。右側は、ソマ道だろうか?同じような箇所が、もう一箇所あり、同様に左側に進む。簡易的なものでいいので標識を是非、設置願いたいものである。

8:55 閑静な佇まいを見せる鎌倉寺に到着する。一息つきたい休憩ポイントとして最適である。
8:59 さらに、鎌倉寺を奥に進み鎌倉山山頂と西の覗きへの分岐点に到達する。まずは、播磨平野を一望できる西の覗きへ進む。

西の覗きから望む磨崖仏

9:00 西の覗きから、役行者が刻まれた磨崖仏を確認する。少し危険なところからでの確認となるので、慎重な行動が必要である。この磨崖仏の姿は、西の覗きだけでなく河内集落内からでも確認できる。

9:05 西の覗きから鎌倉山山頂に到達。展望も大きく広がり北側の笠形山も大きく望める。頂上は、整備され行者道ハイキングコースの説明板、双眼鏡が設置されている。また、双眼鏡には、雨露からしのげるよう建屋が設けられている。2008年6月に施工され設置されたようだ。なお、双眼鏡は、無料で使用できる。法起菩薩の様子は、変わりがない。
9:13
 山頂から河内城址へ進む。標識では、山頂から3kmの行程である。トラロープを張った急激な坂を慎重に下る。道は、明瞭であるが、展望のない山歩きが続く。

9:20 展望のない道を進み高畑展望と河内城址への分岐点に到達する。まずは、高畑展望に向かう。
9:23 片側に法網が張られた道を進む。展望の開けたところが、高畑展望であろうか?周囲は、シダで深く覆われている。標識も確認できない。分岐地点の標識で案内しているにしては、お粗末な地点である。要整備願いたいところだ。

9:35  河内城址と宇津木谷への分岐点に到達。引き続き、河内城址へ進む。
9:42  松枯れが多く見受けられる地点。松の倒木が道を塞いでいる。その周辺も至る所で松が枯れてしまっている。松くい虫が原因だろうか?

9:50 四等三角点に到達。なおも明瞭な道が続き、もう一息で河内城址である。
9:59
 河内城址への最後の分岐地点。約50mの上りを進めば城址に到着する。

10:01 河内城址に到達する。東から南方面への展望が広がっている。残念ながら歴史的背景の詳細は、解明されていない。南側に2箇所の堀切を確認する。

10:24 河内城址から細谷経由公民館方面へ下る。こちらでも、トラロープを張った急激な下り坂を慎重に進む。
10:29 展望はないが、明瞭な道を進む。しかし、下山口近くで雑草や藪で覆われた地点を暫く進む。印象の良くない地点である。

10:34 河内登山道から農道へ進む。ここから河内集落内の長閑な風景を眺めながら普光寺駐車場に戻る。 

鎌倉山へ

鎌倉山山頂〜河内城址へ

鎌倉山(452m)〜河内城址(281m)
From  普光寺
ホームへ      戻る