2006. 6. 24 (土)

 コース・・・小新屋観音(丹波市山南町)9:50→ 尾根道出会い10:20 → 山頂10:30  往復 下山11:30  

石金山の登山口のある小新屋観音は、永正7年、岩尾城主和田日向守斉頼が、千手観音の霊夢に導かれて本堂を建立し、祈願所として厚く崇拝したと言われている。せっかくの機会なので下山時に参拝することとし石金山に向かう。
石金山(508m)

小新屋観音の駐車場・・・ここに駐車する。左手を見れば右側の写真が登山口の様子。

登山口の様子。登山道両脇の雑草がよく伸びた状態。奥は、人工林で薄暗そう!人を寄せ付けない雰囲気がある。雑草の刈払いだけでも行えば雰囲気は違ってくるのだが・・。

ここからが本格的な登山道。つづら折れの厳しい上り坂が続く。道は、はっきりしているので迷うことはない。それにしても、薄暗い。雰囲気は良くない。

イタリ山からの尾根道との出会い。右に向かう。ここからは、明るい快適な尾根道歩きとなる。

地図はこちらから

石金山頂上・・・雑草が伸びている状態が第一印象として残る。360度の展望は素晴らしいが・・・。

南側の展望。残念ながら今日は、モヤっており遠くまで見渡しにくい。白山、三角点山、かろうじて西光寺山が遠くに望める。

北側の展望

麓からの石金山の山容

ホームへ      戻る