北 海 道
             
       神戸空港発〜新千歳空港着  

■ 日 時   平成21年8月1〜3日 (第1日目)                                           
■ コース    (第1日目) 神戸空港8:26 → 新千歳空港11:40 → 夕張市14:00頃 → 芦別市三段滝15:30 → 富良野市ファーム富田16:30 → 美瑛町ぜるぶの丘18:00 → 旭川市19:00   

新千歳空港 芦別市 三段滝
旭川市  さんろくまつり
ラベンダー園 ファーム富田 彩の畑」  ラベンダー園 ファーム富田  「秋の彩の畑」 ドライフラワーの舎と花人の舎
神戸空港   JALで10:00発
国道38号線沿いからの富良野市内とスキー場 富良野市公設地方卸売市場
     8月1日
今日の宿泊地である旭川市のロワジールホテル旭川に到着する。ホテル前の通りでさんろくまつりと称する夏祭りが開催され大変な賑わいを見せていた。
写真は、出し物を屋台に乗せ引いている様子を撮影したものである。

この度、近畿日本ツーリストのツアーにより北海道に向かうことになった。神戸空港発としたのは、ETCの恩恵により休日の高速道路の利用料金が1000円になった結果、夏休み期間中の土・日に中国自動車道等の高速道路の混雑予想が立て難いため、関西国際空港、伊丹空港への利用は、避けることにしたためである。しかし、神戸空港から北海道方面へは、新千歳空港への便しかなく、また、復路も新千歳空港でなければ神戸空港へは向かえない。旭川空港や函館空港へは、伊丹空港と関西国際空港からでなければ利用できない。よって往路と復路ともに神戸空港と新千歳空港を利用することとなる。

8:26 神戸空港に到着する。国内97番目の空港で、第三種空港としては初めて建設・運営を市が手がける市営空港である。2006年2月16日開港。
JALの10:00発の3303便で新千歳空港に向かうことになる。機内の座席前に、モニターがあり緊急時の安全周知が映像によって説明がなされている。約10分程度遅れて離陸。約1時間半のフライトで新千歳空港に到着する。

12:11 11時40分頃新千歳空港に到着する。北海道内での行動は全てレンタカーを利用する。空港内にレンタカー会社の窓口があり、そちらに向かう。バスでレンタカー会社営業所へ送迎される。用意されていた自動車は、ホンダのフィットである。ETCやナビゲーションも装着され、レンタカーも「そういう時代になったのか!」と痛感する。もちろん、ETCカードは、借り手が用意することに注意したい。ナビも日常使っているメーカーのものと違うので戸惑うが、最初に「目的地」のボタンを押せば、何とか活用できた。千歳市から追分町より道東自動車道で夕張ICへ、夕張市を経由し国道452号線にて芦別へ向かう。
15:30 芦別市三段滝に到着する。芦別名勝の一つに数えられ、岩盤をぬって激流が三段になり落下し、逆巻く様は壮観である。昭和初期には、鮭の大群が水しぶきをあげながら滝を飛び越え上流へのぼったと伝えられるがいまはイトウ、ウグイなどが釣れ、太公望を楽しませているそうだ。

16:06 国道38号線を芦別市から富良野市へ向かう。富良野市内より富良野スキー場がチラホラ見え出した。富良野市公設地方卸売市場前を通過し、国道237号線で旭川市方面へ向かう。富良野市は、北海道のほぼ中央に位置し「へその町」と呼ばれている。ラベンダー園や富良野が舞台のドラマロケ地が観光名所となっている。

16:30 ラベンダー園ファーム富田に到着。富良野ラベンダー園を世に知らしめた富田忠雄氏が所有するラベンダー園。ラベンダーの紫色をはじめ、七色の花々がゆるやかな丘に鮮やかな虹色を描く「彩の畑」は、ファーム富田を代表する畑。一面のラベンダーの咲く「倖いの畑」や「秋の彩の畑」「花人の畑」などいくつかの花畑がある。ラベンダーグッズのショップ「ポピーの舎」や「花人の舎」や製造工程が見られる「香水の舎」など設備も充実している。
 富良野にはほかにフラワーランドかみふらの、採香の里佐々木ファーム、中富良野町営ラベンダー園などがあり花の香りに包まれた町づくりが特徴的である。

農業や酪農が盛んな美瑛町へ向かう。北海道を代表する丘風景は、テレビCMの舞台として使用されいつの時代も訪れる人を魅了する。昭和47年に日産のスカイラインのテレビCMの撮影に使用され有名になったポプラの木(ケンとメリーの木)、北西の丘展望公園、昭和52年にタバコのマイルドセブンのパッケージに採用された「マイルドセブンの丘」、少し傾いた姿が哲学者に見えることから名付けられた「哲学の木」、7万uの敷地を有する観光農園「四季彩の丘」等大自然が作り出す壮大なアートの眺めを満喫できる。
18:00 数多い観光農園の一つである「ぜるぶの丘」到着。うっとりするような花風景が広大な敷地に広がっていた。

美瑛町  ぜるぶの丘  広大な景色が広がるぜるぶの丘
ホームへ      戻る