五台山(655m)〜小野寺山(645m)

         
鴨内峠より
    


■ 登山日   平成21年12月12日(土)                                            
■ コース      鴨内峠取り付き道入口9:37 → 鴨内峠10:06 → 五台山10:35 → 小野寺山10:55 → 五台山11:12 →  鴨内峠11:34 → 鴨内峠取り付き道入り口11:50  
■ 地形図名    2万5千分の1 黒井(京都及び大阪)   Route map
■ 登山口   丹波市氷上町鴨内 Road map  
鴨内峠への取り付き道 案内標識

小野寺山・香良への分岐
山頂の文殊菩薩
五台山山頂 立ち入り禁止の展望所
分岐点 小さな標識
ホームへ      戻る







小野寺山から西側への展望
小野寺山
氷上町集落内より望む五台山

9:37 氷上町鴨内集落内を県道282号線で東進していきます。1箇所獣害防止ゲートを通過し、鴨内峠への取り付き道の入り口に到着です。まだ、四輪で進めそうですが、駐車スペースがあるかどうか分かりませんので、この地点にある大きな駐車スペースを利用します。丹波の森五台の径と標識あり、ここから五台山への中継点である鴨内峠へ向かう道であることは、間違いないようです。道の周りは大きな植林帯が広がっています。少し薄暗い道を進みます。車の轍が残る緩やかな幅広な道です。

9:49 植林帯が続く広い道が続きます。植林帯を進む道と五台山への道の分岐点に到着しました。最初は、どちらに進んでよいか分かりませんでしたが、注意深く見ると五台山登山道の小さな標識がくくり付けられていました。さすがにこの地点から四輪が通れるほどの道ではありませんが、明瞭な道が植林帯の中を延びています。やがて、九十九折れの道に変わっていきます。植林帯では、伐採された木が等高線上に綺麗に並べられ土留の役目をするように処理がされています。

10:06 鴨内峠に到着しました。親不知と五台山との分岐点です。また、反対側の市島町鴨阪へも向かえるクロスロードになっています。このような場所に似合わない街中で見かける市島町、反対側から氷上町の標識が立てられています。地図で確認してみますと市島町鴨阪からの道も県道282号線ですので、この登山道は、県道と位置づけされているものと思われます。五台山山頂まで1500mの距離標識も設置されています。
10:21 鴨内峠から五台山へ向かいます。こちらも広く明るい道が続き落ち葉の絨毯のようになったところが点在しています。周りが植林帯から概ね自然林に変わった中を進みます。要所要所に五台山までの距離標識が立てられています。頂上近くになりますと再び、植林帯の中を進むようになります。この地点は、ほとんど平坦な地形となります。頂上に近づき仮設トイレの前を通過します。

10:35 五台山の広い山頂に到着です。休憩用の椅子も設置され、登山者への配慮が感じられます。南側への展望に優れています。以前は、利用されていた木の展望所が老朽化し立ち入り禁止の看板が設置されています。登頂記念のノートも設けられています。二等三角点"尾ノ寺山”がほぼ中央鎮座しています。明るく落ち着ける雰囲気の山頂です。

10:42  山頂の文殊菩薩像前を進み小野寺山へ向かいます。つづら折れ植林帯の中を下って行きます。程なく小野寺山と香良方面へ下るルートとの分岐点を通過します。小野寺山への道もなだらかな登りで歩きやすく快適です。

10:55 小野寺山山頂に到着です。北側〜東側〜南側への展望が抜群です。但し、今日の天候が禍し、ガスがひどく遠謀が望めません。鳥瞰図が設けられていて山座同定には最適なの場所であると感じます。ただ、休憩したいと思いますが、椅子が設置されていないのが残念です。下山のため再度、五台山に戻り同じ道を下ります。
11:34 鴨内峠に到着です。
11:50 鴨内峠取り付き道入り口に下山し、今回の登山を終了します。

鴨内峠 快適な登山道
五台山から南側への展望