藤ノ木山(269.1m)〜焼山(210m) 

  藤ノ木山自然公園より
   

■ 登山日   令和3年3月17日(水)                                            
■ コース    藤ノ木山自然公園駐車場7:53 → 東の山登山口8:04 → 東の山8:19 → 藤ノ木山焼山分岐8:32 → 藤ノ木山8:47〜8:52 → 展望所9:09 → アンテナ施設9:27 → 焼山牧野自然公園分岐東屋9:50 → 焼山9:57〜10:07 → 牧野自然公園進入ゲート10:37 → 藤ノ木山自然公園駐車場11:26   
■ 登山口  姫路市山田町        Route map Road map 
展望所 アンテナ施設
鎖場を登りきった分岐点 藤ノ木山山頂
広大な藤ノ木山自然公園駐車場 東の山方面ルート登山口
ホームへ      戻る






東の山 鎖場

7:53 加西市側より県道117号線を南進し、姫路市山田町南山田内の道路沿いにあった藤ノ木山自然公園への案内標識に従い進む。藤ノ木山自然公園の広い駐車場に到着。この自然公園は、北側を施設ゾーン、南側を自然ゾーンとし、四季それぞれの樹木を配する生活環境保全林で野鳥観察や森林浴に最適である。清潔なトイレも備えられている。管理棟もあるが今の時刻では無人であった。この山へのコース、駐車場よりいろいろと選択できるようであるが、この度は、トイレ側より南進するコースとする。「藤ノ木山グランドゴルフ場」と大きな看板前を歩く。

8:14 すぐに遊歩道に合流したところを左折し、突き当たりになったところにある登山口の案内標識。東の山方面へのルートを進む。道は、明瞭で適度な傾斜である

牧野自然公園入口ゲート
焼山への分岐点(東屋)) 焼山
藤ノ木山頂上の様子

8:19 東の山と呼ばれているピークに到着。展望もあるわけでなく、これといった特徴はない。真ん中に雑木が数本あるのみのピークである。その先は、真新しい鎖場となっており、安全に配慮がなされている
 鎖場を下る。このコース非常に多くの分岐点が点在している。全て登山の起点である藤ノ木山自然公園への道である。多彩なコース取りがある上、トレッキングが楽しめる整備がなされている。
8:31再び鎖場となった。かなりの傾斜であり、距離的にも相当なものである。周囲は雑木に囲まれ、残念ながら展望に乏しい。

8:32 鎖場を登りきったところが分岐点の尾根となっている。南側方面に神谷池、北側には、明神山、笠形山が望めるが今日は、霞が酷く見えずらい。藤ノ木山の山頂もこの地点から確認できる。道も明瞭で歩きやすいコースであり、展望もこのあたりより良くなる。平坦な道より九十九折れに進むようになる。途中に展望所があるがそのまま山頂へ向かう。道は、明瞭である。
8:47〜8:52 藤ノ木山山頂に到着した。方位を示すモニュメントのような木製の工作物がある。その隣には、三角点が鎮座している。神谷池を中心に南側は、素晴らしい展望である。明石大橋も見えるのだろうか?。その方位と距離が示されている。北側を見渡すと笠形山、明神山が見えるが霞のため分かりにくい。。約分滞在の後、元来た道を戻り焼山方面へ進む。。

9:09 山頂より下り、東の山方面への分岐点から焼山方面へ向かう。長い尾根歩きとなる。明確な道が続く。展望の開けた道が多く続く。小さなアップダウンを繰り返すことになる。展望台の前を通る。この先は下りとなり木階段が整備されている。自然公園への分岐もあるが、焼山方面に向かう。
9:27小規模であるがアンテナ施設前を通る。現役で使われているのかどうかは不明。

9:50 焼山と牧野自然公園との分岐に到着。その分岐に東屋が建てられている。まだ、そんなに建てられてから年数が経過していないようだ。一息つくには、最適な地点である。焼山方面に向かう。焼山方面の道は、一旦は大きく下り再度登り返す。展望はないが、道は明確である。
9:57〜10:07 小広い焼山の山頂。山頂標柱が立てられているが、経年劣化が激しく、ほとんど字が消えかけている。木々に囲まれ展望は、あまり期待できない。山頂より神谷池方面にさらに道が延びているのが確認できるが、ここより、来た道を戻る。

10:37 焼山と牧野自然公園との分岐地点の東屋前を通過する。牧野自然公園方面に向かう。道は整備され明確である。登山遊歩道から自動車車両も通過できる牧野自然公園の園路に合流し右折する。園路を進み進入ゲート前に到達した。簡単に手動で開閉できると思ったが、ゲートを開けるのが困難だったため、ゲートを跨ぐことにした。この地点以降は、田園風景の広がる集落内を歩き、藤ノ木自然公園に向かう。
11:26 藤ノ木自然公園駐車場に到着し、今回の登山を終える。

焼山頂上の様子(動画)