高峰(844.6m) 

  草木坂登山口より
   

■ 登山日   令和元年11月16日(日)                                            
■ コース      草木坂登山口近傍駐車地8:30 → 草木坂登山口8:31 → 巨岩群8:50〜9:00 → 高峰9:16〜9:33 → 巨岩群9:54〜10:00 → 草木坂登山口10:13 → 草木坂登山口近傍駐車地10:14
■ 登山口  宍粟市一宮町百千家満        Route map Road map 
高峰頂上 高峰南側展望
巨岩群の黒ロープ アンテナ施設の残骸
駐車地 草木坂登山口
ホームへ      戻る






9:16〜9:33 高峰頂上に到着する。こじんまりした山頂である。木々に阻まれ展望も優れたものではないが、一部南側に展望が広がる。行者山や黒尾山の優美な姿が確認できる。三等三角点点名高峰が中央に鎮座する。暫く休憩した後、元来た道を戻る。
9:54 巨岩群を通過する。
10:30 草木坂登山口まで下山する。
10:31 駐車地に到着する。

登山道
巨岩

8:30 国道429号線より百千家満公民館近傍よりこぶし村に向う舗装路に入る。九十九折れに進む道で周囲が植林帯であるため暗い。植林帯を過ぎ展望に広がりを見せたところで右手に草木坂の登山口の標柱を確認する。駐車場が周辺に全くにため、登山口より約100m進んだところにやや路肩が広がったところがあるので、そこを駐車地とする。
8:31 駐車地より約100m下ったところにある登山口。木階段が設けられている。ここから暫く舗装道路沿いに延びた道を進む。傾斜は、進むに従い厳しくなる。展望も木々に阻まれなくなっていく。

8:43 展望のない道を進む。傾斜が厳しいので黒いロープの補助で進む地点もある。落ち葉でトレースが分からないところもあり、ピンクテープを確認しながら進む。雑木林と植林帯の狭間を進む道が長い。
8:50 巨岩が横たわる地点を通過する。巨岩群の中を進むようになる。傾斜がかなり厳しく垂直に近い心臓破りの道が続いたが、尾根が近くなっている。

8:56 尾根に乗っかり、巨岩群の中を進むが、巻き道となり周囲が切り込んだようになって、進みにくい地点では、黒ロープが設置されている。安全に配慮がなされている。尾根を進み。小さな上り下りを繰り返す。展望もやや広がる。道も分かりやすい。
9:02 昔のアンテナ施設の残骸がそのまま置かれている地点を進む。見苦しい地点である。アンテナ施設の管理者に、是非撤去をお願いしたいものである。

頂上の様子