大段山(966m) 

  下千町登山口より
   

■ 登山日   令和元年10月20日(日)                                            
■ コース      千町ヶ峰駐車場8:14 → 大段山登山口8:18 → くちばし岩8:35 → 大段山頂上9:22〜9:30 → 上千町登山口10:01 → 千町ヶ峰駐車場10:22 
■ 登山口  宍粟市一宮町千町        Route map Road map 
下山道 作業道との合流

頂上付近の尾根道
大段山頂上
千町ヶ峰駐車場 登山口
ホームへ      戻る






9:28
9:30

くちばし岩 こぶしの里への標識
上千町登山口
頂上の様子(動画)

8:14 宍粟市一宮町百千家満(おちやま)内の国道429号線を北上し、百千家満公民館先の草木千町標識に従い草木坂を上る。九十九折れの舗装路を進みm、草木集落を直進し、草木ダムを右に、千町ヶ峰駐車場のある下千町に向う。駐車場に到着。20台程度駐車できる規模であろうか。千町ヶ峰専用の駐車場であるが、大段山の登山口は、ここから約30m南のすぐそこに位置する。
8:18 大段山の登山口標柱の位置から登山道に進む。入口付近が雑草に覆われやや不鮮明な状態である。ここから、登山道の位置が分かりづらい。石垣のある道を進み、この付近より左側法面に登山道が延びているが、しばらく右往左往する。この辺りの案内板を充実させてほしい。暫く進み右側への急登にも特に案内板がないので、注意が必要。

8:35 急登の道を進む。展望もないが、道は比較的明確でピンクテープを頼りに進む。くちばし岩と呼ばれる巨石のそばを通る。名のとおり鳥のくちばしの様に見える。見方によっては、イルカの姿にも見える。
8:52 こぶしの里への下山道を示す標識地点を通り過ぎる。登りきったところから尾根道となり傾斜が緩む。暫く、この地点辺りを頂上と勘違いし、右往左往してしまう。

9:20 頂上付近の緩やかな尾根道が暫く続く。左側がヒノキの植林帯。右側がやや展望があったが、もやが深く遠望が全く利かない。陽が差し込めば快適な道歩きとなるような箇所である。
9:22〜9:30 長い緩やかな尾根の延長線上にある大段山頂上に到着する。傍に二等三角点点名“繁盛”が鎮座する。周囲が広いためピーク感はない。周辺が広大な台地上になっている。残念ながらガスが深く展望が良くない状況が続く。おそらく山頂周辺に雑木が多いため展望が利かない。頂上より上千町方面へ下山する。

9:38 上千町への道も明確である。相変わらず展望のある箇所は少ない。標識が少ないのでピンクテープを頼りに下山する。落ち葉の絨毯の道を感じさせる箇所もあり心地よい道歩きもできる。
9:54 細い山道から作業道への合流となる。軽自動車両も通行可能な幅広な道をしばらく進む。途中より標識に従い右折する。途中、無人の別荘らしき建屋を右に眺めながら進む。

10:01 上千町登山口まで下山する。
10:22 下千町千町ヶ峰駐車場に到着し今回の登山を終える