三辻山(962m)〜黒滝(977m) 

  林道雪彦峰山線坂ノ辻登山口より
   

■ 登山日   令和元年8月31日(土)                                            
■ コース      坂ノ辻駐車場7:56 → 三辻山と黒滝分岐点8:15 → 三辻山頂上8:16〜8:25 → ど根性の木8:43 → 黒滝8:55 →  阪水林道登山口9:15 → 坂ノ辻登山口9:57  
■ 登山口  神崎郡神河町        Route map Road map 
阪水林道へ ロープ場の登山口
三辻山頂上の様子(動画) 頂上より北側への展望
三辻山と黒滝(姫路最高点)との分岐 三辻山頂上
坂ノ辻登山口駐車場 坂ノ辻登山口
黒滝動画
ホームへ      戻る






阪水林道 ゲート
9:15〜9:26 阪水林道を進む。九十九折れであるが、ほぼ水平に進む道である。自動車車両でも余裕で通れる道である。道
9:57 坂ノ辻登山口駐車場に到着し、今回の登山を終える。

鞍部 黒滝(姫路市最高地点)

 鉄塔
ど根性の木

7:56 神河町より宍粟市へ抜ける県道8号線を西進する。急坂を進み最頂部の坂ノ辻峠より雪彦峰山林道へ進む。10分程度進み治山工事現場を通り過ぎヘアピンカーブを曲がり切ったところで三辻山登山口標注が現れる。駐車場その反対側に駐車場も設けられている。4〜5台は余裕で止められるスペースがある。
7:57 駐車場より登山口へ進む。植林帯を中を延びた道を進む。傾斜は、緩やかである。展望は、全くない。だんだんと傾斜が厳しくなり倒木のある地点を進む。

8:15 傾斜がやや厳しくなり倒木地点を過ぎると三辻山と黒滝(姫路最高点)の分岐点に到達。南側の展望も広がるようになる。正面に赤白鉄塔が前に聳えている。左側へ進み三辻山へ向う。三辻山頂上まで約50mぐらいだと思われる。
8:16〜8:25 三辻山に到着。展望の良い山頂である。小広い山頂で四等三角点点名小原が中央に鎮座する。頂上に北側の展望には、アンテナ群が聳えて見える暁晴山や夜鷹山の優美な山容が見える。南側は、鉄塔越しに鉾立山が大きく目立つ。登山口よりほとんど高低差がないため、山頂に辿り着いたという実感があまり湧かない。次に姫路最高峰の黒滝に向う。

8:38 三辻山山頂より黒滝へ向う。植林帯の中を進む。展望には乏しいが、関電の鉄塔の管理道になっているためか明確な道が続いている。関電特有のプラの階段もある。赤白の鉄塔が現れる鉄塔敷地を右側に曲がり、敷地端まで来れば、左下へ進むのがベスト。
8:43 左下へ下り終わったところに「ど根性の木」がある。岩の中を木が完全に貫いている。この登山の良い目印にもなっているようである。

8:45 ど根性の木から程ないところで、三辻山、黒滝、坂ノ辻登山口への分岐点尼到着。日当たりも良く、広々とし何故かホッとするような気持ちになる地点である。黒滝へ向う。やや厳しい傾斜の道を進む。
8:55 黒滝に到着。ピーク感は全くない。登山道延長線上にある。木に黒滝(姫路市最高地点)と木に小さな標識が掲げられているが、それ以外は特に何もない。南側への展望は、素晴らしい。この先は、下り坂となる。阪水林道方面に進む

9:00 黒滝より、クマザサの道を九十九折れに下る。展望は、広がっている。途中、何かの糞を見つける。熊の糞かも?明らかにシカの糞ではない。クマザサの草原から植林帯の中を入る。獣害防止フェンスを通過する。
9:14 ロープ場があり、下りたところが登山口となっている。更に下に下り小さな登山口と書かれた阪水林道に辿り着く。