加東神山(648m)〜洞ヶ山(672m)

    
やしろ鴨川の郷より
    


■ 登山日   平成30年1月8日(日)                                            
■ コース     鴨川の郷駐車場10:14 → 滝ノシリ池10:22 → 小屋の峠10:35 → 工事中お堂10:48 → 鴨川の郷展望岩10:59 → 点名大峯11:14 → 加東神山11:30 → 洞ヶ山11:40〜50 → 加東神山11:57 → 点名大峯12:03 → 鴨川の郷駐車場12:45  
■ 登山口   加東市上鴨川                                        Route map Road map  
峠より急登 工事中のお堂
迂回路 滝ノシリ池
沢を横断 峠の小屋
鴨川の郷への展望 点名“大峯”
やしろ鴨川の郷   鴨川ひびきの森方面へへ
加東神山頂上の様子
加東神山頂上
点名大峯の様子
点名“大峯”
ホームへ      戻る






洞ヶ山頂上の様子
洞ヶ山頂上

10:05 平成27年3月に加東神山という名称が決まった加東市の最高峰。西脇市、篠山市と接し、山頂周辺は、原生林が広がる。加東神山に近接している西光寺山を巡るルートでは、途中、瀬戸内海を望め、昔、山伏が修行した道であるとも云われている。また、普段海岸沿いで見られるウバメガシが群生している様子は、大変珍しい光景であるようだ。この度は、加東市の農業体験・自然体験施設でもあるやしろ鴨川の郷を起点に加東神山へ向う。自動車車両の駐車地は、鴨川の郷駐車場とする。
10:14 加東神山へのルートとして、まう鴨川ひびきの森を経由を考えることにした。その方面へ進む。

10:16 幅広な道を進んですぐ、分岐点となる。ひびきの森への道は、通行止めで迂回路の表示がされている。この段階でどういうルートを進むか迷う。迂回路の表示がどちらを指し示しているのかよく分からなかった。最終的に幅広な道を進み、その先にひびきへの森への進入路があるのだろうと判断する。傾斜は緩やかである。
10:22 滝ノシリ池方面に向う分岐に出会う。滝ノシリ池よりひびきの森への道があると判断し、その方面に進む。しかし、行き止まりとなっているため引き返し、ひびきの森経由での登山は諦め、元の幅広の道に戻り、山頂へ向う。山頂への道標はほとんど見当たらない。マーキングを見落とさないよう注意しながら進む。

10:31 大小含め数度の沢を横断することになるが、この地点どう進んでよいか、少々迷う。先の道にマーキングがあるのを確認し、比較的深い沢を渡り進むことを確信する。この後分岐点に出会い、再度迷うが、マーキングを確認し、右側へ進路をとる。道は狭くなるが、峠を確認する。
10:40 峠に到着し、物置のような建屋を確認する。また、その周辺に自動車車両が通行可能な道路が延びているのには驚いた。この峠より加東神山への道が延びている。

10:45 峠より急登な道が延びる。シダが両脇に生えているが、道歩きに支障が出るほどでもない。振り向けば、前にひびきの森の山塊をはじめ、大きくパノラマとして展望が広がる。
10:48 登山道右側にお堂のような建物を確認する。近くに寄って見ると工事中であるのか、脚立が置かれたままである。近く完成予定であろうが、登山と関連あるものであるのかどうかは、不明。峠の建屋やこの工事中のお堂について、登山とは不釣合いで不思議な感覚となる。

10:59 急登が一旦終わり、大きな岩場が左側に現れる。近くに鴨川の郷への展望と木に札が掛けられている。両脇に木に遮られているが、確かに鴨川の郷の施設建物がはっきりと見えている。
11:14 緩やかな道が続く。雑木の中を通る道がほとんどであるが、人工林の淵を歩くルートもある。雪が薄っすらと積もる道となる。展望がない道が続く。ピーク感は全く感じない点名“大峯”に到着する。三角点以外は何もなく、2017年12月14日付けの登山者有志が木にくくり付けた簡易な札があるのみである。よく周りを見渡すと前々から取り付けた木の札も確認する。

11:30 大峯より進み、目的地の加東神山に到着する。加東市のマスコットである加東伝の助のイラストの入った頂上標識があるのみである。こちらもあまりピーク感が感じられない。展望は全くない。まだ、整備が行き届いていない様子。加東市の最高峰であるにも拘らず、寂しい頂上であるというのが正直な感想である。時間的に余裕があるので、更に洞ヶ山へ向う。ほぼ、平坦な道を進む。

11:40 南無妙法蓮現経と彫られた石柱のある洞ヶ山に到着。石柱以外何もない。こちらも展望はない。狭い山頂であるが、こちらの方がピーク感が感じられる。

11:50頃 下山開始
11:57 加東神山を通過する。
12:03  点名“大峯”通過する。
12:45 鴨川の郷駐車場に到着し、今回の登山を終える。