笠ヶ城山(668.9m)〜クサイソ山(652m)

    
峠登山口より
    


■ 登山日   平成30年5月26日(土)                                            
■ コース    峠登山口駐車場8:24 → 峠登山口8:29 → 登山道入口8:47 → 観音屋敷9:02 → 笠ヶ城山頂上9:05〜9:20 → モミジ谷9:33 → クサイソ山9:40 → モミジ谷9:50 → 林道下山口10:04 → 朽ち果てた丸太橋10:12 → 大谷登山口10:19 → 峠登山口駐車場10:25 
■ 登山口   宍粟市波賀町皆木                                             Route map Road map  
通行止め 登山道入口
尾根道 観音屋敷
駐車地 峠登山口
笠ヶ城山頂上の様子(動画)
荒尾山・大甲山方面 一山
ホームへ      戻る







三等三角点 点名“笠ヶ城”
山頂
マーキング モミジ谷
クサイソ山頂上 クサイソ山頂上標識
クサイソ山頂上(動画)
分かりにくかった下山口 朽ち果てた丸太橋
芝生道路
大谷登山口

8:24国道29号線を北上。波賀町皆木集落入口付近で国道上で皆木の標識が立ったところを右折し集落内の道路に入り、初めての右折れの道を取り、道なりに進む。集落が途切れ耕作地が広がったところで笠ヶ城登山口の標識に出会う。大谷登山口である。今回は、その数百メートル先にある峠登山口より山頂に向う。峠登山口脇に数台利用可能な空地を駐車地とする。
8:29 峠登山口より進む。簡易舗装された明確な道。自動車車両も通行可能な道で轍もはっきりしている。傾斜は緩やか。植林帯の中を進む。やがて道は、地道となる。展望は、待ったくなし。

8:34 自動車車両も通行可能な道から、鎖で通行止めの状態地点に到着。近くに笠ヶ城山への小さな案内標識がありこの林道を10分程度歩くようである。しかし、この10分のメッセージが頭に入っていなかった。このまま、この林道を歩き続けるのだろうと勘違いをしてしまった。まだ、植林帯の中の道を九十九折れに進む。
8:47 林道を九十九折れに歩き続ける。途中、トラロープが設置されている地点を通過するが、これが、登山道であるのかどうか分からずに通り過ぎてしまう。しばらく林道をそのまま歩き続け、GPSを確認し行き過ぎであることに気付く。道を数百メートル引き戻り登山道入口に辿り着く。急傾斜な道を進む。正確な道が分かりづらい。マーキングを確認しながらの登山である。相変わらず、展望はない。

8:54 露出した岩石が目立つ急峻な尾根を進む。左が潅木、右が植林帯でこの尾根で樹木の構成が分かれている。相変わらず、展望はない。
9:02 山頂に近づいてきた。観音屋敷の標識のある地点に到着。大谷登山口に向うルートとの分岐点でもある。ここに観音屋敷があったのか?とても建物が建てられるような広さではない。大きな疑問が残る。相変わらず展望のない登山である。

9:05〜9:20 山頂に到着。小広い山頂でゆったりできる。中央に三等三角点点名“笠ヶ城”が鎮座している。かつて周囲は松の木で覆われていたようであるが、松枯れのため切り払われたようである。但し、切り払われたようであるが、展望は、限定的である。東側には一山の優美な姿が望める。南西側は、大甲山・荒尾山の展望が美しい。下山は、大谷登山口方面に向う。

9:28 山頂から標識に従い大谷登山口方面に向う。山頂よりすぐの落葉の癒しの広場からの下山ルートが少々分かりづらい。下山の取り付きのマーキングが成されているところがなかなか理解できなかった。赤テープに従い下山する。下山ルートも展望はない。
9:33 モミジ谷に到着する。秋の好季節にはは、モミジが色づき、美しい谷を形成しているところではあるが、また、その時に訪れて見たいものである。モミジ谷からクサイソ山へアクセスできるようになっていると思われるので、その山頂に向う。こちらも急峻な道である。

9:40  クサイソ山に到着。何も手付かずで整備がなされていない自然のままの頂上である。簡易なクサイソ山の頂上標識があるのみである。潅木で頂上の周囲は囲まれ全く展望はない。すぐにモミジ谷へと下る。

10:04 モミジ谷から大谷登山口へ下山を開始する。作業林道に降り立ち、そこから下山口がなかなか見つからず、迷いGPSで確認する。そうすると標識は何もないが2つのピンクテープの間に道があるのを確認する。トレースは薄い箇所もあるが、明確な部分がほとんどである。植林帯の中を下る。
10:12 下りのルート上、丸太の橋。かなり朽ち果てているように目視で確認。そのとおり渡る途中で、かなりのたわみが生じたので、冷汗を掻きながら歩を進めた。地元の有志の方に橋の架け替えをお願いしたいところである。

10:17 下山口に近づいてきた。2つの獣害防止フェンスを通過する。2つ目のフェンスを越えれば、芝生を敷き詰めたような緩やかな道となる。道歩き自体が寛げる。

10:19 大谷登山口に到着。舗装道路を上り、駐車地の峠登山口へ向う。
10:25 峠登山口の駐車地に到着し、今回の登山を終える。