日ノ原(788.7m)

    
日ノ原集落より
    


■ 登山日   平成30年4月30日(月)                                            
■ コース    大森神社前広場8:20 → 日ノ原登山口8:30 → 日ノ原山9:15〜9:25 → 展望地9:44 → 引原ダム側登山口9:53 → 大森神社前広場10:12  
■ 登山口   宍粟市波賀町日ノ原                                         Route map Road map  
展望の開けた谷筋 尾根

植林帯
大森神社前登山口

駐車地
日ノ原集落へ

四等三角点 点名:日ノ原
日ノ原山頂上
引原ダム側登山口 国道29号線へ

木階段
音水湖
ホームへ      戻る






頂上の様子(動画)

8:18 国道29号線を北上し、音水渓谷手前の日ノ原バス停に到着。登山口のある日ノ原集落は、右折しヘアピンカーブの急坂を登り集落最奥の大森神社前広場に到着する。
8:20 大森神社前広場に消防日ノ原分団車庫があり消防車両の出入りに支障がないよう敷地脇に車両を駐車する。念のため住民にも駐車していいのか尋ね問題がないことを確認する。

8:30 日ノ原山登山口の標識のある大森神社前の登山口より石階段を進む。神社の鳥居をくぐり標識に従い進む。
8:40 緩やかな九十九折れの道を歩く。深い植林帯の道が暫く続く。展望もない。

8:51 展望の開けた谷筋を少しだけ進み、尾根を登る道となる。雑木の中の道となる。傾斜も厳しくなるが、展望のない道が続く。
8:53 雑木林の細い尾根道が続く。不明瞭なところもありピンクテープを頼りとする道歩きとなる。

9:15〜9:25 通信塔のある日ノ原山に到着。小広い山頂であるが、木々に囲まれ展望はない。頂上標識近傍に四等三角点点名:日ノ原が鎮座する。下山は、引原ダム湖側登山口方面とする。もう一つの鉄塔前を通過する。この鉄塔下には、小さな物置小屋のような建屋がある。この小屋を過ぎると下り道となる。

 

9:31 引原ダム湖登山口から日ノ原山までは、登山道の整備が行き届いている。急な傾斜道には、従来鉄塔の保守階段があったが台風で傷んだため、、1200段の木階段が設置されたようである。また、気になるのは、境界を示すためであろうか、下山道の左側にビニールテープが長距離にわたり張りめぐられている。

9:44 展望地から望む音水湖。残念ながら日差しがなく、美しい湖面の輝きが感じられない。堪能できたとは云えないが、四季を通じて狙える好スポットであるといわれている。

9:53 引原ダム側登山口に到着する。登山口は、元々大きな広場であるが、その広場に何らかの施設が建てられるようで、仮囲いがされている。その脇を進み国道29号線沿いに日ノ原集落に向う。
10:12 日野原集落内を進み、駐車地である大森神社前広場に到着し、今回の登山を終える。