仙丈ヶ岳(3033m)

             北沢峠より
    


■ 登山日   平成29年8月5日(土)                                            
■ コース    仙流荘駐車場5:10 → 南アルプス林道バス乗り合い所5:35 → 北沢峠6:24 → 仙丈ヶ岳登山口6:37 → 大滝頭7:44〜8:45 → 小仙丈ヶ岳9:30 → 仙丈ヶ岳10:25〜10:40 → 仙丈小屋10:50 → 馬の背ヒュッテ11:25 → 藪沢分岐11:30 → 雪渓11:59 → 太平山荘12:44 → 北沢峠13:04 →仙流荘15:10  
■ 登山口   長野県伊那市長谷黒河内、山梨県南アルプス市芦安芦倉     Route map Road map  

    小仙丈ヶ岳頂上(2864m)
仙丈カール
北岳〜間ノ岳
仙丈ヶ岳登山口 大滝頭
仙流荘発南アルプス林道バス起点駐車場 北沢峠
甲斐駒ヶ岳 小仙丈ヶ岳
ホームへ      戻る







藪沢カール 藪沢カールの下部、仙丈小屋

仙丈ヶ岳頂上の様子
仙丈ヶ岳頂上
雪渓 太平山荘
仙丈小屋 沢沿いを歩く
北沢峠 こもれび山荘

5:10 中央自動車道伊那ICより仙流荘南アルプス林道バス乗り合い駐車場へ夜中に到着。仮眠後、AM5:15分から随時バスが運行する。5:35頃発のバスに乗り、北沢峠に向う。北沢峠まで約50分程度の時間を要する。
6:24 北沢峠着。旧長衛荘(現こもれび荘)が凛として登山客を迎えているように見えるのが印象的である。仙丈ヶ岳は、北東に小仙丈ヶ岳、南西に大仙丈ヶ岳を従え、さらに大仙丈ヶ岳の南側には、南アルプス中部に至る仙塩尾根が連なっている。また、尾根の間には、東側に小仙丈沢カール、北側に藪沢カール、南東側に大仙丈沢カールを擁し、山容は比較的緩やかである。高山植物の豊富な山として知られている。男性的な甲斐駒ヶ岳に比べて女性的ななだらかな山容から「南アルプスの女王」とも称される。山名の由来は、この山が高いことを比喩的に表したものだと考えられる。1丈の長さは約3.0303mであり、仙丈ヶ岳の標高を丈を単位として表すと約1000.79丈となる。頂上部のカールの広さの千畳から転じた説もあるようだ。

6:37 多くの登山者が仙丈ヶ岳に向っている。登山口は、バス乗降所前。最初はなだらかな樹林帯の道を九十九折れに上っていく。徐々に傾斜が厳しくなる。登山道の周りは木々に囲まれほとんど展望がない中を進んでいく。
7:44 馬の背コースと小仙丈ヶ岳へのコースの大滝頭と呼ばれている分岐点に到着。山仲間と合流のため1時間待機する。登山者がとちらのコースを選択するのか、確認してみるとほとんどが小仙丈ヶ岳方面に向っていた。

9:17 小仙丈ヶ岳手前森林限界のハイマツの登山道から大きく展望が広がる。北側に見える男性的な山容の甲斐駒ヶ岳である。鋸岳まで続く山塊にみなさんうっとりと眺めていた。
9:24 小仙丈ヶ岳への美しい山容が見事な景観。この中を延びる登山道を進むが、傾斜も厳しいものとなる。。

9:30 小仙丈ヶ岳に到着する。360度大きく開けた絶景が素晴らしい。多くの登山者休憩を絶景を楽しんでいた。10分の休憩後仙丈ヶ岳へ向う。美しい仙丈カールを眺めながらの道歩き。一旦は下るが再び厳しい上りとなる。時間が経つにつれ、周りの山がガスに包まれ始めていく。甲斐駒ヶ岳も山頂がガスがかかる。

9:31 仙丈ヶ岳に向く途中、頂上が雲でやや隠れてしまっている北岳と間ノ岳を眺めながら歩く。 北岳より少し離れたところでは、富士山の優しい山容も確認できた。

10:17 仙丈カールから藪沢カール側へと登山道がかわる。こちらも絶景が広がり、下部には仙丈小屋も見える。屋根にソーラーが設置されているようだ。
10:25  仙丈ヶ岳頂上に到着。本来なら360度の大展望であるはずであるが、すでにガスに包まれていた。
多くの登山者が頂上で寛いでいる。約10分程度滞在の後、馬の瀬コースから北沢峠に向うこととする。

10:56 藪沢カール下部に位置する仙丈小屋に到着する。憩いの場、宿泊地であるため多くの登山者が訪れている。この店の売店に立ち寄り、記念バッチを購入する。使用するトイレも太陽光を利用した水洗トイレで、協力金として100円を徴収している。宿泊する場合は、1泊2食付で8,500円である。
11:40 馬の背ヒュッテを過ぎ、藪沢分岐を藪沢の川沿いに下る。

11:59 この時期に未だに残っている雪渓。雪渓を歩ける箇所もある。写真では、大きく切り裂かれたような状態になっている。今回歩いた北沢峠〜仙丈ヶ岳のコースで唯一この地点のみ雪渓が残っていた。
12:44 太平山荘まで降りてきた。この山荘に到着してきた途端に、山から下りてきた実感が湧いてきた。あとは、南アルプス林道バスも運行する林道を歩き北沢峠に向う。

13:04 北沢峠こもれび山荘前に到着。
14:15頃 林道バスに乗り込み仙流荘に向う。この時期には、定期だけでなく、臨時で随時下山者を林道バスで仙流荘まで運行している。
15:10駐車地である仙流荘に到着し、今回の登山を終える。

北沢峠の様子
小仙丈ヶ岳の様子