禅師山(434.3m)
    

     戸原小学校前登山口より


■ 登山日   平成28年3月12日(土)                                            
■ コース    戸原小学校駐車場8:32 → 登山口8:35 → 尾根コース・禅師谷コース分岐8:40 → 展望所9:14 → 尾根コース・禅師谷コース合流9:15 → 禅師山廃寺跡(養法寺)9:19 → 禅師山頂上9:27〜9:47 → 禅師谷ガレ場10:03〜10:17 → 戸原小学校駐車場10:33  
■ 登山口      宍粟市山崎町宇原                                               Route map Road map  
獣害防止フェンス
合流点 禅師山廃寺跡
コース分岐点
登山道 展望
戸原小学校 登山口
         登山口
長いガレ場
ホームへ      戻る






禅師山頂上

8:32 中国自動車道山崎インターから南側県道80号線沿いに宇原方面へ向かうのがよいい。 今回登山口の真前にある戸原小学校の駐車場を利用させていただきことにする。注意書きには、駐車場を利用する場合は声かけをしてほしいと記述されているが、ゲートボールで多くの人が利用されているので必要なしと判断。

8:35 学校前の登山口。石段を進み忠霊塔前を進む。

8:36 忠霊塔そのすぐ傍に獣害防止フェンスを通用ししばらく側溝に沿って雑木林の中を整備された緩やかな道を進む。

8:40 尾根コースと禅師谷コースの分岐点。当初の予定通り尾根コースを最初に進み、後に禅師谷コースで下る。だんだんと急勾配となり厳しい山歩きとなる。落ち葉で道もやや不明瞭な部分もある。展望もあまりない。

8:45 落ち葉で覆われた登山道。九十九折れに進む。要所要所に案内指示板が設置されている。

9:01 展望のない山歩きであるが南側への展望が開けている箇所があった。山崎町宇原、揖保川を挟んで新宮町の美しい田園風景を見渡すことができる。

9:15 禅師谷コースとの合流点に到着。広々とした中継点である。周辺も間伐によりすっきりした空間となっている。休憩地点としても最適地である。更に頂上に向かう。

9:19 禅師山廃寺跡石柱前を通過する。この寺跡については、豊臣秀吉の西国征伐・天正8年長水城攻略の際兵火にかかり焼失したとされる。

展望地 北側への展望

9:13 展望地への案内板。このルートでの公式の展望箇所であろう。

9:14 展望は、北側に広がっている。残念なのは、真前に関電の鉄塔があり展望の中心になっていること。その後ろ側に山崎の美しい町並みが広がっている。

9:27〜9:47  広い禅師山頂上に到着。中央に四等三角点“宇原”が中央に鎮座する。北側への展望が、最近の潅木の伐採により広がっている。宍粟の町並みが美しい。宍粟50名山の標柱が大きな存在感を示す頂上になっていると感じる。下山は、合流点より禅師谷コースより下ることにする。

10:28 ガレ場が終わり、墓地と鳥居の前を通過する。最初に通過した金網フェンスと側溝がが設置された道を下る。
10:33 戸原小学校駐車場に到着し、今回の登山を終える。

頂上の様子(動画)

10:03〜10:17 頂上より下り、尾根コースと禅師谷コースの合流点より少し下ったところより始まる長いガレ場。降雨状態であれば小川状態になるような地点である。周囲は潅木帯、展望もない寂しい箇所が暫く続く。