三成山(536.2m) 

  栃谷より   


■ 登山日   平成27年3月28日(土)                                            
■ コース    駐車地9:24 → 案内のない分岐9:32 → 物置小屋9:41 → 分岐10:14 → 西峰・ソラ山との分岐10:29 → 三成山10:40〜10:50 → ロープ場11: 13 → 登山口11:21 → 駐車地11:38
■ 登山口             新温泉町栃谷                                                      Route map Road map 

 10:29 西峰・ソラ山と三成山頂上への分岐に到着。
西峰・ソラ山方面の道は、残雪に覆われている。浜坂の町並みがこの地点より
見える。観音山の全容も確認できる。

分岐

10:40 一等三角点“田君谷山”とコンクリート柱の天測点がある三成山頂上に着く。木々の樹間から北は、浜坂の町・日本海、観音山の優美な姿。南は、扇ノ山、氷ノ山などの斑の雪化粧の山塊が望める。

       
三成山山頂
物置小屋 分岐
駐車地と登山進入口
案内のない分岐管理道
下山口
ホームへ      戻る






10:51 三成山頂上より東側へ道が延びている。後山集落へ向かう道である。往路は、幅広の 道であったが、細い踏み跡を進む道となる。すぐに一旦は、平坦になり道が分かりづらくなるが、先人が細かく赤・紫のテープで進むべきルートを案内してくれている。見落とさないよう注意深く下山する。
下山開始
11:03 この下山路、唯一のロープ場である。この地点だけ極端に傾斜が厳しい。植林帯の中を進む。はっきりしない道が延々と続く。テープを確認しながらの下山が続く。展望もない道が続く。
ロープ場

9:24 県道47号線を浜坂方面へ北進する。県道263号線への分岐を田君川に沿って後山集落方面へ南進する。長閑な風景の中を進む。石のお地蔵様のある地点が最奥であるようだ。これ以降は、舗装はされているものの通行は、極めて困難であると思われるような道である。駐車地がどちらにあるのかわからないので地元の方に尋ねた。駐車地は、このお地蔵さんのある前のスペースが登山者がよく利用されているというので、同様に利用させていただく。登山の準備をしていると、後から2台の自動車が駐車された。細い舗装路を進んでいく。作業道であると思われる。傾斜は、緩やかである。

9:32 何も案内されていない分岐点に到着。どちらに進んでいいのか分からず、GPSだよりに右側へ進むのが正解であろうと判断する。これ以降も緩やかな道を進む。ただし、展望は、あまり良くない。

9:41 物置小屋が目に付く。山の整備に利用される機器を仮置きするためのものであろう。廃車となった軽トラック車両も目に付く。かつては、このあたりまで軽自動車車両で行き来できたのだろう。
10:14 再び、山頂への分岐点に到着。しかし、案内板の指し示す方向が分かりづらい。再び、GPSの軌跡を参考に判断する。大きく右折し、植林帯の中を延びた道を進む。薄暗く、倒木等で荒れた道を九十九折れに進んでいく。

11:21 往路時には、気がつかなかった登り口の小さな看板。結果的には、往路の作業道に辿り着いた。しかし、さらに、植林帯の中を進む下山路 もあるようであるが、一見すると道が不明瞭であるようなので気が進ま ず、この作業道を下山する。

11:38 お地蔵様のある駐車地に到着し、今回の登山を終える。

頂上の様子