法沢山(643.5m) 

  奥小野より   


■ 登山日   平成27年7月11日(土)                                            
■ コース      登山口9:03 → 水飲み場?鞍部9:18 → 難所のロープ場9:36 → 山頂直下のロープ場9:39 → 山頂9:40〜10:00 → 登山口10:20  
■ 登山口   豊岡市出石町奥小野                                                        Route map Road map 
鞍部 鞍部より望む法沢山
急坂のロープ場

 9:39 いよいよ山頂直下のロープ場を進む。こちらも距離が長い。途中より望んだ
頂上の三角錐の優美な姿より山頂直下の登りの厳しさを想像したが、それ以上であった。

山頂直下のロープ場
登山口
分岐路 分岐
山頂の様子(動画)
法沢山山頂
ホームへ      戻る






久美浜湾
三角点

8:52 但馬の小京都と呼ばれている城下町・出石の古い町並みの北側に位置する奥小野集落。この集落内の県道706号線を北上。六万川に沿って道は概ね東に向かう。舗装路が途切れたところが分岐路となる。右側の地道を進む。法沢山は、眺めが良く静かな山であると云われている。三等三角点のある頂上からは、北に久美浜湾の小天橋が美しい。その果てには、日本海が広がる。西には、豊岡市が望め、来日岳も確認できる。
8:58 緩やかな地道を進む。所々、治山排水工事により盛土になったところ、開渠となった小さな水路を横切ることになる。分岐点に差し掛かるが、法沢山登山口の案内看板により左側に進む。幅員が狭いと思われるが、自動車車両1台ぐらいは十分に進める道である。路面も荒れた部分はほとんど見られない。

9:03 登山口のある峠に到着する。駐車は、道路脇の空きスペースにした。最近設置された登山口標識が新鮮である。登山口前には、雑草が多い茂っていたように思われるが、短く刈られているようである。登り口自体が急坂になっているため木階段とトラロープが設置されリーニューアルされた様子が好印象に目に映る。

9:18 登山口より2度上り下りを繰り返す。その鞍部に到着する。水飲み場があるようであるが、その周辺は、治山工事のため様子が変わっているように感じた。結局は、水飲み場に立ち寄らなかったため確認できず。山頂に向かう急坂を進む。
9:36 難所の急坂を進む。トラロープが設置されている。これを利用せずには進めない急坂である。距離も長い。登りきれば、暫くは、尾根伝いに平坦な道を進む。

9:40〜10:00 山頂に到着。中央に三等三角点“点名 法沢”が鎮座している。小広い山頂で眺めが良いと云われているが、山頂周辺の雑木が大きく成長し北側方面以外は、見通しがあまり良くない。今日も、霞がかかり遠望がよくない。しかし、久美浜湾が明確に望めた。豊岡市街地方面を望めば、来日岳の秀麗な姿が望めた。


10:00 下山開始。同じルートを引き返す。

10:20
 駐車地に到着し、今回の登山を終える。