植松山(1191.1m) 

  千種町岩野辺より   


■ 登山日   平成26年5月3日(月)                                            
■ コース     登山道取り付き口8:50 → 駐車地8:59 → 最終駐車地9:11 → 谷コース・尾根コース分岐9:20 → 小河内滝9:52 → 植松山最終分岐10:03 → 植松山頂上10:32〜10:52 → 尾根コース経由最終駐車地11:47  
■ 登山口   千種町岩野辺                                                        Route map Road map 
迂回路
小河内の滝
最終駐車地
獣害防止フェンス
登山口進入道路
谷コースと尾根コースの分岐点
駐車場
ホームへ      戻る






登山口
急激な植林帯の登り
植松山頂上への最終分岐

頂上のアセビの群生
荒尾山
植松山頂上
尾根コース
最終駐車地

8:50 千種町から波賀町へ向かう国道429号線を走り、左側の大きな山容がちらちらと目に飛び込むようになる。北側へ延びる植松山への森林道への取り付き口がなかなか確認できない。地元住民に尋ねたところ、「平瀬豆腐店のたまちゃん豆腐」の看板があるところを北側に進めばよいということであった。なるほど、大きな看板があり、ジュースの自動販売機もそのそばにある。植松山へのの看板が両者に隠れるようにひっそりと立っていた。分からないはずである。


8:53 舗装が、アスファルトからコンクリートに変わる。獣害防止フェンスがあり、 ロックをはずし通過。ロックを元通りにして、登山口まで進む。




8:59 工事中の箇所もあったが、その地点を通過し、しばらく走ると1台の車両が駐車地と思える地点にあった。さらにコンクリート道が延びていたが、勾配がきつく、幅員も狭まいため、この地点に駐車することにした。丁度、先着の方が、登山に向かおうとしていた。この方もこの先、車両で進むのが怖くなったということなので、この地点に駐車したらしい。  

9:11 道は急勾配であったが、十分に車両で進めたようだ。最終駐車地は、約200m先の地点にあった。そこにも1台の車がすでに駐車。駐車地の右側が登山口である。植林帯の中を進むが、最初の取りつき道が少し不明確である。真っ直ぐやや右側を進む。数度の沢渡りを繰り返すコースである。

9:20 他にコースと尾根コースの分岐点に到着。谷コースを選択する。植林帯の中を進む道。再度、沢を渡る。この地点より、勾配が厳しいものとなり、つづら折れの道となる。展望がない状況が続く。

9:52 小河内の滝への案内標識を確認。約100m程度脇道に進入する。落差20m程度の滝である。

9:56 途中、迂回路との標識。真っ直ぐに進めば崖が待ち構えているようである。といっても迂回路を示す矢印方向がなかなか理解できなかった。矢印方向には、道がありません。結局、白→の方向へ進む。これが、正解だった。

10:03 植松山への最終分岐点に到着する。以前は、この地点を見過ごし真っ直ぐ進む登山者が多かったという。右手の沢を渡り、植林帯の中を進む。 

10:16 植林帯の中の急激な勾配を登る。登山道の明確な境界は、ここでは確認できない。ただ道となるべきところは、ピンクテープで明示されている。急激な登りは、しばらく続く(約20分)がこのピンクテープが最後まで頼りとなる。やがて緩やかな道となり尾根コースとの対面地点が頂上への分岐点でもある。

10:32〜10:52 植松山頂上に到着する。中央に小さな祠がある。かつて観音様が降臨した山として信仰をあつめ、秋には地元の信者が揃ってお参りするという。南側に大きく展望が開けている。残念ながら、霞が酷く遠望が望めなかった。しかし、東側への荒尾山の優美な姿は、はっきりと確認できた。アセビが山頂の至る所で花開いている。最初の駐車地で出会った方と再会した。この方は、荒尾山への縦走をされるそうである。すでに荒尾山の下山口に自転車をデポされているということであった。下山は、尾根コースを選択する。

11:07 頂上より尾根・谷コース分岐より尾根コースで下山道を進む。岩の多い場所を通過する。そんなに印象に残った訳ではないが、調べてみると山上庭園と呼ばれていたところであったようだ。植林帯の中を延びた道を九十九折れに下山する箇所が多い。

11:45 最終駐車地に到着。登山時には、1台の駐車があったが、すでにその車両の姿はない。ゴールデンウィ−ク中であるということで多くの登山者が訪れるだろうと予想していたが、出会ったのは、2名だけだった。

11:47 最終駐車地に到着し、今回の登山を終える。なお、もう1台の車両の方は、まだ、荒尾山への縦走中であった。お気をつけて・・。



※ 頂上の様子(動画)