爺ヶ岳(2670m)〜鹿島槍ヶ岳(2889m)

    
柏原新道より
    


■ 登山日   平成26年7月27日(日)〜7月28日(月)                                            
■ コース     7月27日(日) 柏原新道4:50 → 種池山荘7:43〜12:20 → 爺ヶ岳南峰13:04 → 爺ヶ岳中央峰13:20 → 冷池山荘14:13  7月28日(月) 4:00起床 → 冷池山荘4:20 → 布引岳5:29 → 鹿島槍ヶ岳6:04〜6:40 → 冷池山荘7:45 → 爺ヶ岳南峰前9:00 → 種池山荘9:35 → 柏原新道登山口11:45
■ 登山口   長野県大町市平                                         Route map Road map  
扇沢駅
急傾斜な登山道
柏原新道登山口
爺ヶ岳中央峰へ
爺ヶ岳南峰
爺ヶ岳南峰頂上
種池山荘
山荘の中の様子
ホームへ      戻る






冷池山荘と鹿島槍ヶ岳
雪面の道
冷池山荘
冷池山荘休憩展望所から望む鹿島槍ヶ岳
冷池山荘休憩展望所
夜の冷池山荘内
ご来光
布引岳山頂
雲海に浮かぶ立山・剣岳
頂上まで辿ってきた峰々
遠くに槍ヶ岳
鹿島槍ヶ岳山頂
南峰より望む鹿島槍ヶ岳北峰
遠方に唐松岳・白馬槍ヶ岳
中央に針ノ木岳

7月27日

4:50 鹿島槍ヶ岳と爺ヶ岳は、後立山連邦を代表する名峰である。東山麓から眺めた両山の山容が優美で印象的であるのは、誰もが認めるところである。爺ヶ岳は、地味ではあるが山頂より鹿島槍ヶ岳や剣・立山連峰、槍ヶ岳などの眺めが素晴らしい。また、種池山荘とその背景をなす剣・立山連峰の調和のとれた眺めも絶景である。今回は、扇沢バスターミナルより15分程度徒歩で大町方面に戻った柏原新道より山頂に向かう。幸運なことに柏原新道登山口前に10台程度の駐車スペースがあり1区画を確保することができた。その地点よりの登山となる。

5:35 柏原新道は、爺ヶ岳の南斜面に取り付けられたコースで危険な箇所はなく登りやすい登山道である。広葉樹林帯の急斜面を登る。九十九折れに進んでいく。道の整備がゆくなされているので、年輩者でも登りやすい。

5:41 柏原新道、道は、よく整備がなされているが、展望はあまり望めない。そんな中で扇沢駅を見下ろせ望める地点に到着した。

7:21 雪渓とも呼べるような雪面をトラバースする。アイゼンなどの装備も特に必要ない。このような雪面は、コース上2箇所有り。

7:43 種池山荘に到着する。ここから素晴らしい山岳風景が広がる。ここより爺ヶ岳を往復しての日帰り登山する方も多いらしい。今回、登山開始直後より天候が思わしくなく、これ以上進めないため種池山荘で4時間30分程度休憩ととることとなる。山荘のリビングで天候の回復を待つことにする。

12:20 天候が回復したので、まず爺ヶ岳を目ざし出発する。絶景が広がる登山道を進む。ハイ松帯を進み、徐々に爺ヶ岳の稜線を登るようになる。澄み切った空気も涼しく感じられた。素晴らしい山岳風景が広がっている。

13:04 爺ヶ岳のおおらかな山容を徐々に登る。登り勾配からほぼ水平に進みかけたところで南峰への分岐に到着。中央に大きなケルン。その周囲で何組かの登山者が寛いでいた。南峰頂上からは、天気が良ければ剣・立山連峰をはじめ、遠くに槍ヶ岳、針ノ木岳のパノラマが広がる。
中央峰へ向かう。

※ 爺ヶ岳南峰頂上(動画)

13:09 稜線を進む。。心地よい登山の醍醐味を味わうような道歩きである。かなり空も晴れ渡り、空と山のコントラストが美しい。他の登山者とも多く出会いその都度、挨拶を交わす。中央峰頂上へ向かうルートと冷池山荘へ向かう道との分岐に到着。中央峰に向かい、南峰同様の美しい景観を満喫する。

14:01 爺ヶ岳中央峰から冷池山荘・鹿島槍ヶ岳方面に向かう。冷乗越付近の崖地のようなところに冷池山荘を確認する。鹿島槍の南峰と北峰の厳しく険しい山姿がガスが晴れたため、明確に見える。

14:13 冷池山荘に到着する。山荘ロビーで少時間の休憩。山荘従業員から鹿島槍ヶ岳へのルート及び登山時間を尋ねると、「この山荘から山頂まで2時間以上かかる。帰りの安全を考えるとこの時間帯からは、お勧めできない。」と登山を禁じられる。今日中に、鹿島槍頂上を目指していたが、しかたなく、この時刻より翌朝までこの山荘にて滞在することにする。

7月28日

午前4時ごろ起床する。朝の手弁当(散し寿司)を山荘より手渡される。
4:40 冷池山荘を出発に鹿島槍に向かう。
4:45 テント場付近に差し掛かり左手を見ると雲海に浮かぶ立山・剣岳の絶景を見ることができた。  
4:53 鹿島槍に向かう途中、見事なご来光。今回、このような美しい情景に出会え、幸運であったとひしひしと感じた。                              

5:29 岩礫の道を北上する。鹿島槍途中の布引岳頂上。特に目立つものもなく、この地点には、誰もいない。すぐに、先に進む。







6:40 下山を開始し、元来た戻る。
7:45 冷池山荘着。
8:20 赤岩尾根ルートとの合流点着。
9:00 爺ヶ岳南峰前着。
9:35 種池山荘着。
11:45 柏原新道登山口に到着。今回の登山を終える。

山荘の隣に休憩展望所があった。多くの登山者が、景観を楽しみ寛いでいた。

休憩所からの展望も絶景である。あきることのない鹿島槍ヶ岳の頂上の様子を誰しもが眺め、山談義に花を咲かせていた。

6:04 鹿島槍ヶ岳最高点南峰頂上に到着。360度開けた視界で北アルプスの名だたる峰々の眺望を満喫した。


※ 鹿島槍ヶ岳頂上(動画)