妙高山(564.8m)
 
 日ヶ奥渓谷より

        

    


■ 登山日   平成25年5月5日(日)                                            
■ コース    日ヶ奥キャンプ場駐車場8:50 → 山の神9:02 → 白龍雄滝9:06 → 小峠9:25 → 分岐注意点9:30 → 舗装路合流点9:46 → 雲海展望台9:49 → 神池寺会館9:59 → 妙高山頂上10:19〜10:35 → 神池寺本堂10:47 → 舗装路合流点11:09 → 日ヶ奥キャンプ場11:35 → 日ヶ奥キャンプ場駐車場11:41
■ 旧地形図名    2万5千分の1 市島 (京都及び大阪13号-2 )   Route map
■ 登山口   丹波市春日町多利 Road map  

  9:06 白龍雄滝の案内看板が目に付いたので、左わきの道を
      進む。水量が少ないうえ落差もない。何かの謂れがあると思うが、
      説明板も設置されていない。

白龍雄滝

 9:16 大きな分岐点に到着する。右へ大きな道が延びている。林道作業用に作られた道であろう。真っ直ぐに進む。

分岐点
山頂直前の間違えやすいテープ表示      妙高山頂上

 9:30 分かりづらい分岐点に到着。神池寺方面への案内看板の指し示す方向に大きな倒木があるため右に進む。しかし、激急斜面の沢沿いを進むようになり道も確認できなくなったため、引き返す。再度この地点の周囲を見渡し、倒木の左先に木橋を確認する。登山道であることを確信し、倒木をまたいで進む。しばらくすると、広い地道に合流する。

分岐注意点
舗装路
日ヶ奥渓谷の森駐車場 整理券
雲海展望台
入口
山の神
ホームへ      戻る






頂上の祠
小峠
神池寺会館
倒れたままの標識 合流点
神池寺本堂
8:50 国道175号線を北上し春日町多利で向かう。ナビに従い狭いアクセス道路を進む。30台程度利用できる日ヶ奥渓谷キャンプ場駐車場に到着する。連休とあってかなりの台数が利用されている。普段は、請求されないにようであるが、シーズンには、駐車場代が必要であると管理人より説明を受け、しぶしぶ500円を支払う。隣のキャンプ場から、楽しいそうな子供の歓声がこちらまで届く。管理人に妙高山への登山口を念のため尋ね、登山口へ向かう。これより進む妙高山への道は、日ヶ奥渓谷の森と呼ばれている森林の中を延びている。。

※ 日ヶ奥渓谷の森説明板

8:56 登山口は、広い林道のような道が延びている。入口あたりには、トイレなどの建屋もある。左手には、日ヶ奥キャンプ場で遊ぶ子供の姿が見える。登山をしている感覚にはならない。

9:02 山の神に到着。鳥居をくぐり石階段を登ると小さな祠が鎮座する。手を合わせこの度の登山の安全を祈願する。山の神については、多利集落において、昔からの風習がある。詳しくは、山の神説明板参照のこと。




 山の神説明板

9:25 植林帯の中を進んでいく。同じような風景が延々と続きため、少々飽きがくる。
植林帯の所有者ごとに道沿いに表示がされているのが目立つ。何の変哲もない小峠に到着する。すぐそばに案内看板があり、この地点よりキャンプ場側が日ヶ奥渓谷の森であるようだ。このまましばらく直進する。林道最終地点より左折すると細い道へと変わる。

※ 小峠説明板

9:46 広い地道を進むと、神池寺へのアクセス道に合流。しばらく神池寺まで進む。

9:49 このルート唯一の展望出来る場所である。望める風景は、市島町塚原、末谷の集落内であると思われる。案内板によると雲海展望台と呼ばれているようだ。

9:59 舗装路を進むと大きく開け、神池寺本堂や神池寺会館の建屋が見え出した。これよりどこをどう進んでよいか分からず、案内板・説明板を確認する。妙高山への登山道を明確に指し示すものがないため、持参の地図で確認する。神池寺会館横より登山道が延びているようなのでそちらより妙高山へ向かう。

※ 妙高山説明板

10:01 登山口を確認する。標識は、倒れたままである。先を進むが道の確認が困難である。途中より大きなトレースを確認し、そこを進んでいく。
10:09 本堂からの道に合流する。道も明確になり歩きやすい。山頂直前の地点より左に進むテープ表示があるが、真っ直ぐに進む。間違って左を進むが頂上に向かう道ではなかった。

10:19 妙高山頂上に到着。周囲は、雑木に囲まれ全く展望なし。中央に2等三角点点名妙高山が鎮座している。祠があるが、長年放置されたままで祀られていない様子である。兵庫100山、氷上シングル山の会、中西FACが掲げたプレートを確認する。

10:35 下山を開始する。元来た道を基本的に降りていく。

10:47 復路は、神池寺へ向かう下山道を進む。立派な本堂前を通過する。
11:09 舗装路から地道への分岐点に到着する。
11:35 日ヶ奥キャンプ場に到着し、しばらくキャンプ場内の様子を眺める。
11:41 駐車場に戻り今回の登山を終える。

※ 頂上の様子(動画)