高城山(八上城跡 462m)

    
春日神社より

  
    


■ 登山日   平成24年6月22日(土)                                            
■ コース    春日神社駐車地8:39 → 主膳屋敷跡8:45 → 伝 鴻の巣8:52 → 伝 下の茶屋丸8:54 → 伝 上の茶屋丸8:59 → 右衛門丸跡9:06 → 三の丸跡9:08 → 二の丸跡9:09 → 本丸跡9:11 → 伝 蔵屋敷9:26 → 伝 池東番所・池東上の番所9:27 → 野々垣コース・藤ノ木コース分岐9:29 → はりつけ松跡9:32 → 伝 馬駈場9:35 → 芥丸跡9:38 → 藤ノ木コース下山口9:53 → 春日神社駐車地10:00
■ 旧地形図名     2万5千分の1 福住(京都及大阪10号-4),篠山(京都及大阪14号-2 Route map
■ 登山口   篠山市八上内 Road map  
本丸跡の様子
伝 蔵屋敷 伝 池東番所
主膳屋敷跡
岡田丸跡
 二の丸跡 本丸跡
春日神社鳥居
春日神社
池東上の番所 分岐点
伝 下の茶屋丸 伝 上の茶屋丸
伝 鴻の巣
ホームへ      戻る






右衛門丸跡 三の丸跡
はりつけ松跡 伝 馬駈場
芥丸跡 下山口
篠山市八上内集落より望む高城山

8:39 篠山市八上下から八上内の間の国道372号線の橋を渡り約50m東進したところで、集落側の道に進入する。古美術国宝堂の東隣が実質的登山道入口となる。周辺に駐車場が見当たらないため、うろうろと探していた。地元の神社管理人がたまたま通りかかり、尋ねてみると鳥居の超えたトイレの横に置けばよいとアドバイスを受けたので、そこを今回の駐車地とする。高城山は、標高459mで丹波富士と呼ばれる秀峰である。八上城攻防の戦われた古戦場跡である。

8:44 人気のない春日神社内を歩く。山へ延びている偽木階段道を確認する。念のため管理人に登山道であるのか確認をとったが、間違いないようである。

※八上城説明板

8:45 道は、明確で整備されているのが、一目瞭然である。深い植林帯の中を進む薄暗い道であるが、特に不安はない。いきなり主膳屋敷跡の看板が掲げられている地点の傍を通る。政治の中心となっていた館跡らしいが、見る影もない。右に進路をとる道となりやや勾配がきつくなり始める。

8:52 伝 鴻の巣と呼ばれている小広い地点に到着。看板には、西からの敵に備えた番所とある。この辺は、展望は、あまりなし。これ以降も、看板の掲げられた旧跡が続く。

8:54 伝 下の茶や丸に到着。西側への展望の展望の良いところである。尾根道歩きとなり、所々、北側の御嶽や小金ヶ岳が展望できる箇所がある。
8:59 伝 上の茶屋丸に到着。この地点も西からの敵に備えた陣地であるようだ。陣j地といってもスペース的にそんなゆとりのある箇所ではない。

9:06 石垣があり城跡であった雰囲気を今なお残す右衛門跡に到着する。城主の屋敷跡であり、高城山全体の連絡や指揮にあたった場所であったようだ。
9:08 三の丸跡に到着。広いスペースである。重要防備陣地であったらしい。ある程度大きな構造物があったと連想できるような場所である。

9:09 二の丸跡に到着。こちらも広いスペースである。展望がないのが残念である。看板にあるように最も重要な任務を担当した場所であるらしい。
9:11 高城山の最高峰である本丸跡に到着する。石碑が2基建てられている。こちらも広いフラットなスペースで北側に篠山の集落を望める箇所もある。

9:18 本丸跡の隣にある岡田丸跡。重臣岡田某の館跡。こちらもかなりのスペースである。眺望がよく、防備に当たった所といわれているが、今現在は、雑木に囲まれ眺望は、あまりよくない。

9:26  約10分程度滞在し、頂上にから藤ノ木コース方面へ下山を開始する。こちらも明確な道である。しかしながら、展望なし。蔵屋敷跡に到着するが、屋敷の建てられるようなスペースがあるとは思えない。
9:27 池東番所に到着。水場を守るための陣地であるらしいが、水場がどのあたりにあったのか不明。

9:27 池東上の番所に到着。説明によると堀切に突撃してくる敵を掃射したところであるという。
9:29 野々垣コースと藤ノ木コースとの分岐に到着。どちらにも明確な道が延びている。登山口起点に近いと思われる藤ノ木コースを進む。相変わらず展望なし。こちらも、擬木階段が多い。

9:32 はりつけ松跡に到着。処刑に使った松の跡であると伝えられている。
9:35 伝 馬駈場に到着。人馬急走ために設けられたものであるという。

9:38 芥丸跡に到着。東・東北方面、山麓の街道等への防備にあたった所であるらしい。
9:53 藤ノ木コースの下山口に到着した。総体的に往時の偲ばせる旧跡の多いコースであった。八上内集落内の舗装路を歩き駐車地へ向かう。
10:00 駐車地に到着し、今回の登山を終える。

※ 頂上の様子(動画)