東山(1016m)

    フォレストステーション波賀より

        

    


■ 登山日   平成24年5月7日(月)                                            
■ コース    東山メイプルプラザ駐車場10:01 → 東山登山コース登山口10:29 → 東山登山コース・東山尾根コース分岐点11:01 → 東山山頂11:04〜11:15 → 最初の休憩所11:35 → 2番目の休憩所11:36 → 3番目の休憩所11:39 → 東山尾根コース登山口11:59 → コテージ村12:14 → 東山メイプルプラザ駐車場12:20  
■ 旧地形図名    2万5千分の1 安積(姫路6号−3)   Route map
■ 登山口   宍粟市一宮町市波賀町上野 Road map  
間伐された植林帯を進む道
最初の分岐点 メイプルロード1号線との分岐点
登山口
フォレストステーション波賀
喫茶名水
東山頂上展望櫓
心癒される森
ホームへ      戻る






分岐点
頂上の標柱と三角点
伐採地ののり網横を通過
東山より北側への展望
休憩地と分岐点 2番目の休憩地
3番目の休憩地
チップを敷き詰めた道
東山尾根コース下山口
コテージ村

10:01 この度の登山の起点となるフォレストステーション波賀に到着。この施設内には、オートキャンプ場、コテージ村や宿泊可能な東山温泉メイプルプラザなどリゾート地としての機能が充実している。駐車場の隣に東山名水スタンドと併設されている喫茶名水で登山の件を尋ねると親切に教えていただき遊歩道マップもいただいた。しばらく舗装路を点在する指導標に従い進む。

10:12 最初の分岐点に到着するが、間違え右折してしまう。すぐに戻り左折する。
10:25 メイプルロード1号線との分岐点に到着する。指導標をしっかり確認し右側へ進む。登山口まで300mである。
10:29 登山口に到着する。東山頂上まで2kmのコース。登山口前にバリケードが設置されており間違えて通り過ぎることはない。周辺は、湿地帯になっており今の季節ならクリンソウが咲いているそうであるが、確認できなかった。

10:34 大きく成長した植林帯の中に丸太の階段を進む。間伐された木が無造作に置かれた状態で見た目には気持ちのいいものではない。山頂まで終始道は、明確であり登山者にとっては、安心できるコースである。ただし、展望は良くない。

10:55 登山道周辺の様子が、植林帯から雑木に変わって行く。鬱蒼とした密林状態ではなく、何とも心癒される森。心地よい山歩きとなる。

11:01 東山登山コースと東山尾根コースとの分岐点に到着。東山頂上まで200mの地点。ブナの木が目立つようになる。緩やかな尾根道を進む。

11:04 東山の山頂に到着。ほぼ360度見渡せる眺望であるが、この季節特有の霞により遠望が利かない。しかし、北側の一山が大きく目立つ。中央の展望櫓に、鳥瞰図が設けられているが、かなり老朽化が進み、判読しづらくなっている。東山頂上の標柱は真新しく、その横には、三角点が鎮座する。約10分滞在の後、下山を開始する。

11:22 東山尾根コース(L=2.4km)より下山する。展望も見渡せる地点が多い。植林を伐採し切り開かれのり網が設置された地点を通る。こちらも明るく気持ちのよい山歩きである。

11:35 快適な山歩きが続く。椅子が設置された地点に到着。遊歩道1号との分岐点でもある。
11:36 さらに椅子の設置された地点を通過する。
11:39 2つの机と椅子が設置された休憩地に到着。暫くこの地点で休憩をとる。展望もよく、登山起点でであるメイプルプラザ東山もよく見える。

11:58 東山尾根コースの道について、下山途中から何か硬いもので敷き詰められているなと気になってきた。。よく観察すると木のチップが敷き詰められている。

11:59 雑木林から植林帯に変わり、九十九折れに下山する。東山尾根コースの下山口に降り立つ。ここから舗装路を東山メイプラザの駐車場まで歩く。 

12:14 コテージ村の中を進む。ゴールデンウィークも過ぎたせいか、人影はあまり見られない。
12:20 東山メイプルプラザ駐車場に到着し、今回の登山を終える。

※ フォレストステーション波賀全体案内図

※ 頂上の様子(動画)