■ 登山日   平成23年10月2日(日)                                            
■ コース     大木町グランド駐車場8:15 → 登山口8:18 → 大木城跡8:27 → 大木町グランド8:44  
■ 登山口   西脇市大木町 Road map  
鳥居群
合流点
タヌキさん
コース道の様子
大木グランド駐車場 登山道(参道)入口
顕彰碑
ホームへ      戻る






大木城跡
大木町内より望む大木城跡
大木城跡(164m)
大木城跡石碑

※ 説明板参照

8:18 大木城跡の麓にある大木町グランドの駐車場を利用する。近くに大木城跡への案内看板が設置されていないので、少々分かりづらいがRoad mapを参照願いたい。南北に伸びる山塊の南端の平野山山頂(164m)に築かれていた。建築された年代について、くわしいことは不明。城の構造から戦国時代の築造だと推測は、されている。この山城は、合戦のときにこもるためのもので、普段は、見張り番がいただけだといわれている。

8:20 登山口入口に防護柵が設けられていました。扉が鎖で頑丈に括りつけられています。鎖を解く作業が非常に面倒。入口付近からの道が不明瞭であると一見して感じたが、進むにつれ明瞭な道となる。雑木林の中を進む。傾斜は、緩やかである。

8:23 大木町方面と思われる道との合流地点。すぐそばに狸さんの姿が・・。狸さんのお出迎えが大変嬉しく思い、足が軽やかなったとに感じます。

8:27 明確な参道(登山道)に一本だけ倒木により遮られた箇所を通過。雑木林の中を進みます。やがて鳥居群をくぐりぬけ、大木城跡に到着。広い敷地であるが、展望はありません。神社の境内になっている主郭は、南北31m、東西17mあり、その周囲を2〜4mの通路を兼ねた帯曲輪がまわっています。北側には、浅い掘りきりを設け尾根づたいの防御を図っていました。城自体は、普段見張り番がいただけということで粗末な建物であったようです。

境内に大木城跡の石碑と山口利兵衛の顕彰碑があります。約10分程度滞在の後、下山。
8:44 大木グランドに到着し、今回のプチ登山を終える。